ワードローブを買った理由

我が家にあるクローゼットは、これひとつだけ。
サイズは、高さ240センチ×幅120センチ×奥行き67センチ。たたみ一畳分もありません。
b0289438_23372076.jpg


私と夫の服をギューギューに詰め込んでいたのですが、本当に悲惨。
服を取り出すのも一苦労。1着だけ取り出すつもりが、お隣の服も一緒に引っ張り出される始末。
服を元に戻すのは、もっと大変。力の限り押し込まないといけません。
b0289438_23373289.jpg


吊り下げているというより、服と服の間に挟み込むという方が的確。
服はシワシワになるし、肩パッドはつぶれるし・・・服も泣いていたはず。


結局、クローゼットに入れることはあきらめて、扉の上枠のところに引っ掛けるという一時しのぎの繰り返し。
b0289438_2338159.jpg


クローゼットの上部には、ニットやシャツなどが山積み状態。
下に置いてある服を取り出そうとすると、雪崩を起こすので、ついつい上に置いてある服ばかりを着るようになります。
b0289438_23384561.jpg


クローゼットの下部に入れる予定だった収納ケース。
これを入れると、丈の長い服を吊り下げることができなくなるので、結局、入れず仕舞い。
むき出しの収納ケースって、生活臭が強くて、どことなく貧乏くさい。
最初は気になっていたけど、「慣れ」って怖いもので、ずっとこの状態でした。
「美」に対して妥協を始めると、いろんなことがどうでもよくなってきて、衣類が散らばっていても気にしなくなるのです。
b0289438_2339075.jpg


こんなことでは、オバサン化が急ピッチで進んでしまう・・・。

どうにかしなければ!!

ということで、おしゃれを楽しむため、衣類を大切に保管するため、ワードローブを購入することにしたのです。


マンションインテリア ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2012-11-07 23:46 | 収納
<< IKEAでワードローブ選び 我が家のリビング Before... >>