<   2013年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もうひとつの300円ショップ「illusie 300」

本日も実家に帰省していたときの出来事を少し。

姉が「新しい300円ショップができたよ」と言って、連れてきてくれました。
「3COINS」かと思ったら、「illusie 300」という初めて聞くお店。
b0289438_0454384.jpg


置いているものは、なんとなく3 COINSと似ています。
でも、微妙に違っていて、おもしろい。



こちらのお店にも、パリを素材にした商品がたくさんありました。

極めつけは、これ!! トリコカラーのエッフェル塔。
目に飛び込んで来たときは「キャー、かわいい」と叫んでしまいました。
じがじ・・・よぉーく見ると、彩色が雑で、一気にトーンダウン。
b0289438_0461587.jpg


他にもエッフェル塔がこんなに。
b0289438_0462723.jpg


こちらは、ブックケースの形をした整理箱。
b0289438_046423.jpg


アレ、ユニオンジャックも混じってます。
b0289438_0465263.jpg


時計の中にも。これも300円。安いのはいいけど、これはどうかと・・・。
b0289438_047888.jpg


ノスタルジックなイラストが表紙を飾るメモ帳。
b0289438_047217.jpg


ラッピングの袋。
b0289438_0473617.jpg



あちこちのコーナーに、パリの香りがプンプン・・・。

この写真の中にもいます・・・どこかわかります?
b0289438_0483869.jpg


折りたたみの三面鏡に。
b0289438_049553.jpg


プラスチックの波型トレーに。
b0289438_0491647.jpg



こちらの観葉植物のコーナーには、パリがいますよぉ。
b0289438_0494747.jpg


バケツに「Paris」の文字が。
b0289438_050388.jpg

b0289438_0501232.jpg



こちらのパリ商品、インパクト強めです。
私としては、もう少し押さえ気味が好みです。

・・・リビングに巨大なパリ・アートを飾っている私が言えた義理ではありませんが・・・
b0289438_12271.jpg



にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-24 01:05 | 雑貨

私的満足度ナンバー1のパン屋さん「100円香房」 oishii

実家の近くにあるスーパーの中に、感動的なパン屋さんがありました。
「エブリィ」というスーパーに入っている、「100円香房」という名前のパン屋さんです。
名前のとおり、店内のパンはすべて100円! つまり、パンの100円ショップです。
b0289438_1181362.jpg


姉が連れてきてくれたのですが、感嘆の声を挙げてしまいました。
「えぇー、これ全部100円!! すごぉーい!」と。


こんな立派な調理パンも100円。
b0289438_1215140.jpg


具がどっさりのっています。
b0289438_122626.jpg


ウィンナー、メンチカツ、コロッケ・・・具が大きい。
b0289438_122198.jpg


もちろん菓子パンもあります。
b0289438_1223462.jpg

b0289438_1224997.jpg


シュークリームやエクレアのデザートも。
b0289438_123543.jpg




ここのパンは基本的にビッグサイズ。
デニッシュ・パンは30センチ近くあるし、ハニートーストは食パン半斤を惜しみなく使っています。
b0289438_123248.jpg


パンからはみ出した具が、食欲をそそります。
b0289438_1233763.jpg


あれもこれも買いたいけれど、一度にたくさん食べれないので、とりあえずこれだけ。
b0289438_1235167.jpg


こちらのパン屋さん、すごく気に入ってしまって、実家滞在中、ほぼ毎日通ったのでした。
粗削りの素朴なパンたちですが、「お腹一杯になってね」という温かい気持ちが伝わります。
企業努力に感謝です。

東京・横浜には、おしゃれで洗練されたパン屋さんが多いけど、お値段が高いですね。
100円で買えるパンなんて、めったにお目にかかれません・・・。

近くにこんなパン屋さんがあったら、毎日がウキウキなのになぁ・・・。



にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-23 01:28 | その他

2012年度顧客満足度ナンバー1の飲食店「丸亀製麺」

前回の記事で、2011年度顧客満足度トップの「スシロー」のことを書きましたが、
2012年度顧客満足度は、果たしてどうなっているんでしょう?

気になって調べてみました。
----------------
2012年度の飲食業界顧客満足度指数
 第1位 丸亀製麺
 第2位 スシロー
 第3位 木曽路
----------------
スシローを抜いて、なんと「丸亀製麺」がトップ!!



たまたまですが、ゴールデンウィークで帰省したときに、ここでうどんを食べたではありませんか。
なんという偶然。
知らぬ間に、2011年度トップの飲食店と、2012年度トップの飲食店をハシゴしておりました。



少しだけ写真を撮っていたので、ご紹介します。


実家の近くにある店舗。なんでも最近できたそう。
「釜揚げうどん280円」の幟(のぼり)が、はためいています。
b0289438_172859.jpg


店内は活気に満ちています。
b0289438_18852.jpg


こちら、うどんのメニュー。
b0289438_183386.jpg



こちら、学生食堂&社員食堂のようなシステムです。
調理コーナーにそって歩きながら、セルフサービスでトレーに食べたいものをのせていきます。

まずは、うどんをオーダー。
続いて、天ぷらや稲荷寿司、おにぎりなどが続きます。
会計をした後、ネギや天かすを好きなだけ盛り付けます。


「ぶっかけうどん(冷)(並)」と「野菜かき揚げ」です。
280円+130円で410円。
b0289438_191750.jpg


冷たいうどんは、コシがあっておいしかったです。
かき揚げは、写真でわかりにくいですが、すごい分厚くて、食べごたえあります。
カロリーがちょっと心配。


注文システムが楽しいお店でした。
美味しいし、また行きたいです。


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-22 01:11 | その他

2011年度顧客満足度ナンバー1の飲食店「スシロー」

GWに広島に帰省していたときのことです。

跡取り娘の姉:
「スシローって顧客満足度がトップなんだって。」と言って、連れて行ってくれました。

妹の私:
何のトップかよくわからないけど、連れて行ってもらいました。




姪っ子二人も一緒に、郊外にあるスシローへ。
b0289438_1424449.jpg


入り口に企業努力を宣言するポスター。パチパチ。
b0289438_1425697.jpg


ゴールデンウィークとあって、店内は満席。
待つこと10分で、店内に案内してもらえました。
グルグル回転していて、楽しい。庶民大喜び!!
b0289438_1431072.jpg


姪っ子たちは席に着くなり、テーブル専用のタブレットから注文を始めます。
回転しているお寿司を取っ手もいいし、個別に注文してもいいそうです。
b0289438_1433559.jpg


あがり。粉の煎茶をセルフで注ぎます。
しっかり混ぜないと、粉が浮き上がってしまいます。
b0289438_1434889.jpg


がり。テーブルに置かれた容器からセルフで小皿に盛ります。
このがりは、すっきりサラダっぽくて、すごくおいしいです。
b0289438_1435984.jpg


むらさき。濃いめの溜まり醤油です。
b0289438_1443040.jpg


姪っ子たちは何度も来ているようで、手際よく用意してくれます。


たくさん回っていて、「どれにしようかな?」と悩むくらい。
海老好き一家は、海老ばかり・・・。
b0289438_1454179.jpg


天ぷらや漬け物がのっているのもありました。
b0289438_1512959.jpg


もちろん軍艦も。
b0289438_146145.jpg


姪っ子たちは、お寿司よりデザートをたくさん食べていました。
b0289438_1461530.jpg


たしかに一皿105円でした。大人2名、子供2名で総額3,000円弱。
この金額でお腹いっぱいお寿司を食べれるとは、すごいコストパフォーマンスです。
すごく頑張ってるスシローさん、庶民の味方です。

家族みんなでワイワイ、ガヤガヤするのに、うってつけ。
(高級感や雰囲気を求めてはいけませんヨ。)

食事が終わってお店を出た後は、遊園地のアトラクションが終わったときのような気持ちになりました。
「おもしろいぃー」

ところで、姉が言っていた「スシローって顧客満足度がトップなんだって。」というセリフが気になって調べてみました。

----------------
2011年度の飲食業界顧客満足度指数
 第1位 スシロー
 第2位 サイゼリヤ
 第3位 びっくりドンキー
----------------

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-21 01:56 | その他

土と炎の芸術 「備前焼」

ブログの記事を探して、実家でバシャバシャとカメラのシャッターを切っておりました。
そうすると、今まで気づかなかったことに、気づかされるのでした。

実家の和室をぐるりと見回してみると・・・似たような陶器がいっぱい。一同に寄せ集めて、パチリ。
こちらは、"土と炎の芸術"と呼ばれる「備前焼」。
実家がある広島県のお隣、岡山県備前市の窯で作られるものです。
b0289438_2192987.jpg


私は、土っぽいぬくもり系の「陶器」よりも、石っぽいとんがり系の「磁器」が好きなので、これまで気に留めたことがありませんでした。
しかし、まじまじと見入ってみると、なかなか味わい深いではありませんか。


そこで・・・備前焼の特徴をちこっと調べてみました。


特徴その1は、「桟切り(さんぎり)」。
灰色、青色、赤色、金色、銀色などのさまざまな焼き色の変化のこと。
この世にオンリーワンの焼き色となるところが、備前焼の神髄だとか。
b0289438_219469.jpg

b0289438_21102916.jpg


特徴その2は、「胡麻(ごま)」。
食品のゴマをふりかけたような模様のこと。
b0289438_2110982.jpg

b0289438_21105445.jpg


特徴その3は、「緋襷(ひだすき)」。
緋色(赤色)のたすきのような模様のこと。
b0289438_21103395.jpg

b0289438_2111187.jpg


特徴その4は、「青備前」。
青灰色や青黒色に焼きあがった作品。
窯の中の空気があたらない箇所で焼かれると、そういう景色になるそうな。
b0289438_2111026.jpg

b0289438_21114347.jpg


※にわか勉強なので、説明文と写真が一致しているかどうかは、自信ありません。



備前焼・・・まさしく「わび」「さび」の世界です。
人生の酸いも甘いも知らないと、備前焼の良さはなかなか理解できないのではないかと思うのでした。


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-19 21:18 | アート

捨てられないモノ Part2

本日も実家のお話を少し。

庭の片隅に・・・

たくさんの瓦と一緒に、大きな壺が置きっ放し。
我が父、何か思い入れがあるのか、これも捨てられないらしい。
b0289438_1202999.jpg


用途不明。おまけに、古くて汚い・・・。
b0289438_121989.jpg



今では「壺」そのものの実用性は低くなっていますが・・・。
でも、「壺」にまつわる言葉は現役バリバリですねぇー。


思う壺


土壺(どつぼ)


笑いの壺


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-19 01:22 | 処分

捨てられないモノ

実家の庭の片隅に、転がっていました。

我が父、どうやら、捨てるのがもったいないらしい・・・。





それは・・・




なんと「鬼瓦」。鬼瓦は、なんでも、厄除けと装飾の役割を兼ねているのだとか。
b0289438_13561240.jpg


いろいろなデザインのものがあります。
b0289438_13562419.jpg


このタマネギみたいなものは、「如意宝珠」。
意のままに願いをかなえてくれるという宝の玉です。
b0289438_13564384.jpg


観音様がよく手のひらにのせているヤツです。

松本牛伏寺の観音様。(引用;写真は松本市ホームページより)
b0289438_1357069.png


大阪観心寺の観音様。(引用:Wikipediaより)
b0289438_13571072.jpg


奈良国立博物館の観音様。(引用:奈良国立博物館ホームページより)
b0289438_13573023.jpg


こちらのタケノコみたいなのは、「打出の小槌」。
これを振れば願いがかなうという宝の槌です。
b0289438_13574019.jpg


打出の小槌といえば、一寸法師。
鬼が退散した後、鬼が忘れていった打出の小槌を振って、一寸法師は大きく立派に男になったそうな。
b0289438_13575122.jpg






瓦に込められた思いを改めて知るに至り、捨てようにも捨てられない気持ち・・・なんとなくわかります。



にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-18 14:00 | 処分

超和風な庭

本日は、実家のお庭のことを少し。

超和風な家には、超和風な庭がくっついています。
父の好みでこうなっています。

なぜか灯篭。
b0289438_0214665.jpg

b0289438_0214585.jpg


なぜかつくばい。ここ、愛犬の給水場だったりします。
b0289438_0221363.jpg

b0289438_0223137.jpg


一番の不思議は、2つの石碑。なんで!?
b0289438_0223439.jpg


数々の疑問を抱きつつ、謎を解き明かそうとしたことはありません。
今度帰省したら、父に聞いてみようかな。
「どうしてこうなったの?」



にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-17 00:25 | グリーン

超和風な家

本日も実家のことを少し。

実家は築50年くらい、古めかしい戸建住宅です。
建築業を営む父が結婚する前に、自ら建てたそうです。
内装は、父のこだわりと思われます。

たとえば・・・

床の間。
b0289438_22203271.jpg


床脇。
b0289438_22203098.jpg


書院。
b0289438_22214569.jpg



どこまでも古典的で、おそろしくオーソドックスな和室です。
他の部屋も同じような雰囲気で、インテリアとしてはすでに出来上がっているというのでしょうか・・・。
家具を置く隙(スキ)などありません!


子供の頃、「キャンディ・キャンディ」や「ベルサイユの薔薇」を読んで、西洋文化への憧れが強くなると、この超和風なつくりがイヤでたまらなくなります。
その頃は、真っ白い部屋に好みの家具を置くのが、夢でした。


現在の我が家のマンションは真っ白なんですけど、狭すぎて、好みの家具や雑貨は置けておりません・・・。
アラフォーの今、和室の良さが少しだけわかります。
そして、奥が深いってことも感じたりしています。

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-16 22:21 | 家具

いぃーい湯だなぁー あっははぁーん

我が家のインテリア大改造は、まったく進んでおりません。
風邪のせいか、出費続きで金欠気味のせいか・・・。

さて、突然ですが、これは何でしょう・・・?
b0289438_235506.jpg







そう!





世界文化遺産に登録される・・・





富士山です。





「油絵」って機能で、富士山を油絵風に加工してみました。





本物の富士山ではなくて・・・





実家のお風呂の富士山でした。
b0289438_2343572.jpg


子供の頃から、このお風呂に入っていたので、
「お風呂には富士山」が普通だと思っていたのですが、どっちかというとかなりのレアケースだったようです。

実家のお風呂を改築する前に撮影しておきました。パチリ。


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by applezebra | 2013-05-15 02:38 | アート